甲斐犬の性格や飼い方、しつけとは?価格や心配な病気もチェック

ABOUTこの記事をかいた人

犬の教科書をつくろう編集部くわのり&(編集:うたパパ)

犬と猫とスキーが大好き。 ドッグトレーナー資格を持ち、 「犬の教科書をつくろう」の編集部員として執筆中!

甲斐犬の概要・歴史

甲斐犬は虎犬という愛称もあります。
「甲斐の国」山梨県で、イノシシやシカ、クマなどの狩猟犬として使われてきました。その祖先犬は紀元前からいた中型犬というから、歴史はとても古いものです。甲斐犬は警戒心がとても強く、集団性に富み、自分の群れ以外の犬を受け入れない性質だったから、犬種としての純血が保たれてきたと考えられています。昭和9年(1934年)に天然記念物に指定されました。

甲斐犬の性格

甲斐犬 性格
甲斐犬は仲間意識がとても強く、飼い主にはとても忠実で、一途といってもいいほどです。ところが、知らない人や、飼い主の知人レベルの人間となると、無視して相手にしません。無理に仲良くしようと近づくと、攻撃されてしまうこともあるかもしれません。頭が良い一方で、気性が荒く、攻撃的な一面があるようです。感覚が鋭く、警戒心が強いのがこの犬種の特徴です。

うたパパ
甲斐犬は「一代一主」と言われ、特定の個人にだけなつき、頑固で反抗的という性格で有名ですよね。
特定の主人にだけなつくという甲斐犬の性格は、それはそれで個性ですよね。

甲斐犬の種類(色やタイプ)

甲斐犬は別名を甲斐虎犬とも呼ばれ、被毛の虎毛が特徴的です。黒虎、赤虎、虎、の三種類があり、幼犬から成長に伴って毛色が変化し、単色に見えていた被毛も虎毛模様がはっきりとしてきます。特徴的な虎毛は、山の中で仕事をする狩猟犬として、保護色になっていると考えられています。

甲斐犬の値段・価格相場

甲斐犬の平均的な価格は、10万円~15万円くらいです。登録頭数は少なく希少価値があり、また、黒虎毛よりも出にくいとされる模様の赤虎毛の個体など、価格が高騰しそうな要素はいくつかあるものの、天然記念物に指定されていることもあり、純血種を保存するという意味合いもあってか、法外な価格まで高騰するようなことはないようです。

甲斐犬のしつけのしやすさ

甲斐犬は飼い主への忠誠心が非常に高く、一人の飼い主にしか懐かないといわれています。他人への警戒心がとても強い性質で、気性の荒い面もあります。家庭犬として飼育する場合は、子犬の頃からの徹底した社会化トレーニング、しつけ、訓練が必要となってきます。

甲斐犬の寿命

甲斐犬の寿命は12歳~16歳くらいです。比較的長い傾向にありますが、これは、在来犬であり日本の気候に合っていることや、血統の管理によって遺伝疾患の問題があまり出ないことが理由だと考えられます。

甲斐犬の飼いやすさ

甲斐犬は飼い主に対する態度と他人に対する態度が別の犬かと思うほど違う犬種です。時に「ワンオーナードッグ」と呼ばれる飼い主にしか懐かないこの特徴は、甲斐犬以外の日本犬にもみられるものですが、愛玩犬として作出された生まれたときからフレンドリーな犬種に比べると、飼育するのが難しい犬種といえるでしょう。

甲斐犬のブラッシングや抜け毛などの処理

甲斐犬の被毛は、ダブルコートで密集しており、耐寒性が強く、つややかです。トリミングは必要ありませんが、できれば毎日、最低でも2日に1度はブラッシングして清潔にしてあげましょう。

甲斐犬の散歩

甲斐犬は均整のとれた引き締まった体型で、筋肉はよく発達しています。30分以上の散歩を1日に2回は行きましょう。

甲斐犬の室内で飼うにあたって気になること

甲斐犬は山梨県の山岳地帯で狩猟犬として、岩場で獲物を追いかけていたため、跳躍力が非常に強く、人間の背の高さをジャンプできるほどといわれています。入って欲しくない場所に設置した柵・サークルなどは容易にクリアしてしまうかもしれませんので、特に注意が必要です。また、暑さや湿度など、夏季の室内の温度管理には気を配ってあげましょう。

甲斐犬の子犬の時の大きさや体重

甲斐犬の子犬は、生後3か月で5kgくらい、生後6か月には10kgくらいまで成長します。その後成長は緩やかになります。

甲斐犬の成犬の時の大きさや体重

甲斐犬の成犬のサイズは、体高48cm~53cm、体重16~18kgくらいです。中には20kgを超える個体もいるようで、個体差があります。

甲斐犬の吠え声の大きさなど

甲斐犬は、やたらに吠えまくる、という性質はあまりないものの、警戒心が強いという特徴がありますので、何かを警戒して吠える「警戒吠え」がみられます。子犬の頃からの社会化で、色々な外部刺激、知らない音や知らない人などに慣れさせ、警戒しなくてもいい、ということを理解させましょう。

甲斐犬の餌について

甲斐犬は筋肉質な体をしていて、活発な犬種ですので、良質のタンパク質を含んだフードが向いています。タンパク質のもとがチキンやラムなど、いくつかありますので、個々にあったフードを選んであげましょう。

甲斐犬のかかりやすい病気

甲斐犬は比較的遺伝的疾患が少なく、丈夫で健康管理のしやすい犬種です。アレルギー症状がしばしば起こりますので、ブラッシングの際に皮膚の状態を確認し、良質のフードを与えるようにするといいですね。

甲斐犬ってどんな犬?まとめ

甲斐犬は、飼い主にとても忠実でよく懐く犬種です。攻撃性はありますが、知能が高く、正しくしつけをすれば、穏やかで人懐こい家庭犬として飼育することも可能です。一人にしか懐かないワンオーナードッグ、飼い主さんからみれば愛しい存在ですが、できれば皆と仲良くできるよう、社会化としつけを正しく行って、皆から愛される愛犬にしてあげたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です