アラスカンマラミュート性格やしつけ、飼い方は?注意する病気や価格相場は?

ABOUTこの記事をかいた人

犬の教科書をつくろう編集部くわのり&(編集:うたパパ)

犬と猫とスキーが大好き。 ドッグトレーナー資格を持ち、 「犬の教科書をつくろう」の編集部員として執筆中!
うたパパ
アラスカンマミュートってどんな犬?

今回は、シベリアンハスキーにも良く似たアラスカンマラミュートの紹介です。
過度に感情を表に出したりするタイプの犬種ではなく、かといって威厳を示そうとするタイプでもない性格で、実に大人な性格をしている頼りになる犬種です。
でも、知っている人とは仲良くじゃれあうなど人懐っこい性格も持ち合わせているのもアラスカンマラミュートの特徴です。
小説家ジャックロンドンが、極寒の北極地方の生活を描いた小説の中でハスキー犬の並外れた体力について書いているのは、実はアラスカンマラミュートの事だと言われています。
そんな頼れる犬種、アラスカンマラミュートについて詳しく見て行きましょう。

アラスカンマラミュートの概要・歴史

アラスカンマラミュート 歴史
アラスカンマラミュートは、アラスカ北西部に住んでいたアメリカ・エスキモーのマラミュート族が、そり犬や狩猟・漁業に使っていた犬種で、そり犬の中では最も古い犬種のひとつと言われています。2000年も前からマラミュート族と共に暮らしていたといわれるアラスカンマラミュートですが、18世紀の頃から入植者によって他犬種との交雑が進んでしまいました。その後、純粋犬保存運動が起こり、伝統的なアラスカンマラミュートの保存・改良がされるようになりました。

アラスカンマラミュートの性格

アラスカンマラミュート 性格
アラスカンマラミュートは、オオカミにも似た姿をしていますが、平和主義で友好的な犬種です。愛情深く、特に飼い主にはとても忠実です。人と一緒に何かをするのを好みますので、留守番は苦手な面もあります。忍耐強く、特に成犬になると、威厳と貫禄が出てきます。

アラスカンマラミュートの種類(色やタイプ)

アラスカンマラミュート 種類
アラスカンマラミュートの毛色は、ライトグレーからブラック、セーブルからレッド、と様々です。下毛における混色があり、単色の場合はホワイトのみです。下腹部や脚、顔にマーキングが入ります。

アラスカンマラミュートの値段・価格相場

アラスカンマラミュート 価格
アラスカンマラミュートの子犬は、20万円~30万円くらいの価格がつけられていることが多いようです。血統、月齢の他には、マーキングの色や入り方によって、価格が上下します。

アラスカンマラミュートのしつけのしやすさ

アラスカンマラミュート しつけ
アラスカンマラミュートは頭がよく、物覚えがよいので、基本的なしつけには苦労しないでしょう。楽しいことを好むので、飽きないよう工夫するといいですね。そり犬として使われてきた犬種なので、リーダーとなる飼い主がしっかりしていないと自分がリーダーになろうとすることがあります。主導権を渡さないよう、頼れるフェアなリーダーにならなくてはなりません。

アラスカンマラミュートの寿命

アラスカンマラミュート 寿命
アラスカンマラミュートの平均的な寿命は、10歳~12歳くらいです。大型犬としては平均的な寿命です。

アラスカンマラミュートの飼いやすさ

アラスカンマラミュート 飼いやすさ
アラスカンマラミュートは、優しくフレンドリーな性格で、体の大きさの割に威圧感も与えず、誰とでも仲良くできるでしょう。ただ、体が大きく、そり犬出身のプロフィール通り、体力がありますので、しつけと社会化でコントロールできるようにしておくことが必要です。また、暑さにもとても弱いので日本で飼育する場合は気を使わなくてはいけません。

アラスカンマラミュートのブラッシングや抜け毛などの処理

アラスカンマラミュートは、厳しい寒さにも耐えるダブルコートの被毛で、大量の抜け毛は覚悟しておかなくてはならないでしょう。特に換毛期はたいへんな量の毛が抜けますので、日に何度もブラッシングする必要があるかもしれません。シャンプーで抜け毛を洗い流すのも有効です。

アラスカンマラミュートの散歩

アラスカンマラミュート 散歩
アラスカンマラミュートはそり犬なので、運動量は多く必要とします。運動不足からストレスをため込み、問題行動に出ないように、1時間以上の散歩を日に2回は行きましょう。

アラスカンマラミュートのトリミング

アラスカンマラミュートには特別なトリミングは必要ありませんが、夏季、暑いからといって被毛を短くカットしてしまうと、直射日光で余計暑くなってしまって、熱中症を引き起こすことがありますので、カットする場合は犬種に詳しいトリマーにお願いしましょう。

アラスカンマラミュートの室内で飼うにあたって気になること

アラスカンマラミュートは暑さにたいへん弱いので、暑い時期には室内でエアコンの効いた状態で過ごさせるようにしましょう。留守番が苦手な犬種ですので、2歳位までは特に、留守中にいたずらされてしまうことがあります。お部屋にも対策が必要です。

アラスカンマラミュートの子犬の時の大きさや体重

アラスカンマラミュート 仔犬
アラスカンマラミュートの子犬は、生後1か月の頃は2kgくらいですが、生後4か月の頃には12kgくらいまで育ちます。

アラスカンマラミュートの成犬の時の大きさや体重

アラスカンマラミュートの成犬の大きさは、体高58~71cm、体重39~56kgです。これより大きかったり小さかったり、アラスカンマラミュートは色々なサイズがみられる犬種です。

アラスカンマラミュートの吠え声の大きさなど

アラスカンマラミュートは、友好的な性格のおかげか、あまり吠えない犬種といわれています。番犬のような役割には向かないかもしれません。

アラスカンマラミュートの餌について

アラスカンマラミュート ドッグフード
アラスカンマラミュートは、胸の深い体型をしているため、胃捻転を起こしやすい傾向にあります。フードは良質のものを、落ち着いて食べられるようにして、食後は静かに過ごさせるようにしましょう。

アラスカンマラミュートのかかりやすい病気

アラスカンマラミュート 病気
アラスカンマラミュートのかかりやすい病気には、胃捻転の他には、大型犬に多い股関節形成不全があります。また、皮膚炎にもなりやすいため、日本の高温多湿の環境では要注意です。ブラッシングなどで日常的にチェックしておく必要があります。暑さにはとても弱いので、熱中症にも万全の対策が必要です。

アラスカンマラミュートってどんな犬?まとめ

アラスカンマラミュート 画像
アラスカンマラミュートは、オオカミに似ていますが優しくフレンドリーで、シベリアンハスキーにも似ていますがハスキーよりも落ち着いた犬種です。パワフルな大型犬ゆえに運動量と飼育スペースが必要で、留守番が苦手だったり、暑さが苦手だったりという面がありますので、万人に飼いやすい、とはいえないかもしれませんが、そのあたりをクリアして、アラスカンマラミュートにとって頼れるリーダーになれる方には、最高のパートナーになってくれる犬種です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です