ノーリッチテリアはどんな犬?しつけや性格、かかりやすい病気や価格

ABOUTこの記事をかいた人

犬の教科書をつくろう編集部くわのり&(編集:うたパパ)

犬と猫とスキーが大好き。 ドッグトレーナー資格を持ち、 「犬の教科書をつくろう」の編集部員として執筆中!
うたパパ
ノーリッチテリアってどんな犬?

ノーフォークテリアに続き、今回はノーリッチテリアのご紹介です。
ノーフォークテリアの時も書きましたが、ノーフォークテリアとノーリッチテリアは非常によく似た犬種で、耳の形で分けられています。
垂れ耳がノーフォークテリア、耳が立っている方がノーリッチテリアです。
ノーリッチテリアは、テリア犬種の中でも最も体が小さいのも大きな特徴です。

テリアの中で最小のノーリッチテリアですが、自分に自信を持ち勇敢で責任感が強いテリア犬種の典型的な性質を持っています。
こんなに小さな体ですが、遺伝性の重い病気の心配も少ないですし、賢くしつけも難しくない方ですので、飼いやすい犬種と言えるでしょう。

そんなノーリッチテリアについて詳しく見て行きましょう!

ノーリッチテリアの概要・歴史

ノーリッチテリアは、イギリス原産のテリアで、テリア種の中では最小のものの一つとされています。垂れ耳のものはノーフォークテリアとして別犬種にされましたが、1964年までは同一の犬種扱いでした。キツネやアナグマ、ネズミの狩りにも使用されたコンパクトなボディをしていて、土の中にいる相手に対してひるまない勇気の持ち主で、猟の際に受傷しても、ドッグショーでは「名誉の負傷」として許容されているほどです。

ノーリッチテリアの性格

ノーリッチテリアは恐れを知らない犬ですが、獰猛で喧嘩好き、というわけではありません。頭がよく、何にでも好奇心を持つ活発で愛らしい性格で、ちょこちょことよぐ動き回ります。テリアらしい活発さを持ち、明るく無邪気で、いつでも楽しそうにみえる犬です。

ノーリッチテリアの種類(色やタイプ)

ノーリッチテリアの毛色は、レッド、ウィートン、ブラック&タン、グリズルの色調です。

ノーリッチテリアの値段・価格相場

ノーリッチテリアの子犬は、30万円~40万円くらいで取引されています。ペットショップで販売されることは殆どないため、欲しい場合はブリーダーに予約するなどして購入するケースが多いようです。

ノーリッチテリアのしつけのしやすさ

ノーリッチテリアは、芸を仕込むならこの犬種、というくらい物覚えがいい犬種です。自分が注目されていると気分が乗ってくるため、トレーニングの時には少し大げさに感じるくらい褒めてやると飲み込みも早く、芸達者な犬になるでしょう。

ノーリッチテリアの寿命

ノーリッチテリアの平均的な寿命は、12歳~14歳くらいだといわれています。小型犬としては平均的な寿命です。
遺伝性の重篤な病気の発症の心配が少ない点も飼い主さんには安心な点になります。

ノーリッチテリアの飼いやすさ

ノーリッチテリアは、陽気で楽しく、頭が良く、身体も小さいため扱いやすく、特別なお手入れも必要でないため、初心者の方でも飼育しやすい犬種です。お家の回りの不審者や不審物に対して吠えることがあるかもしれませんが、しつけでフォローできるでしょう。ただ、遊び好きな犬種ですので一緒に過ごす時間をある程度作ってあげられる人に向いているでしょう。

ノーリッチテリアのブラッシングや抜け毛などの処理

ノーリッチテリアは抜け毛もそれほど多くないので、お手入れは簡単な方でしょう。定期的にブラッシングして、月に1度程度シャンプーなどグルーミングをしてあげましょう。

ノーリッチテリアのトリミング

ノーリッチテリアは、基本的に特別なトリミングは必要ありませんが、テリアらしいワイヤー状の被毛を固い状態できれいにキープしたい場合、専用のナイフで毛を抜くプラッキングという作業を行います。プラッキングできるサロンは限られているため、事前に調べておきましょう。

ノーリッチテリアの散歩

ノーリッチテリアは活発でお散歩が大好きな犬ですが、身体が小さいため、それほど長時間のお散歩は必要ありません。30分程度の散歩を1日2回してあげましょう。

ノーリッチテリアの室内で飼うにあたって気になること

ノーリッチテリアは好奇心旺盛なので、特に子犬の頃、目を離す時はサークルに入れて落ち着いて過ごせるようにしてあげましょう。来訪者や外を通る車やバイクの音に敏感に反応してしまうことがありますが、社会化としつけで対応できるでしょう。吠える必要がないことを教えてやれば、吠えることがなくなるか、吠えてもすぐにやめるようになります。

ノーリッチテリアの子犬の時の大きさや体重

ノーリッチテリアの子犬は、生後4か月で4kg、生後5か月で5kgくらいまで育ちます。成長が早く、生後半年ほどで成犬サイズになるものもいるようです。

ノーリッチテリアの成犬の時の大きさや体重

ノーリッチテリアの成犬のサイズは、体高25cmくらい、体重5kgくらいとされています。なかには8kgオーバーの犬もいますので、親犬の体格を知っておくとともに、獣医師と相談して個々の骨格に合った適正体重をキープするように努めましょう。

ノーリッチテリアの吠え声の大きさなど

ノーリッチテリアはお家の外の音や来訪者に強く反応してしまうことがあるようです。番犬としての役目が必要でないなら、子犬の頃から社会化としつけで吠えなくていいことを認識させます。

ノーリッチテリアの餌について

ノーリッチテリアはアレルギー性皮膚炎が起こりやすい犬種です。食事の内容に反応してしまうこともあるため、何らかの症状が出た場合、フードの成分には注意が必要となるかもしれません。

ノーリッチテリアのかかりやすい病気

ノーリッチテリアのかかりやすい病気には、アレルギー性皮膚炎、膝蓋骨脱臼があります。しきりに皮膚を掻いていたり、歩き方が変だな、ということがあったら、すぐに動物病院に相談しましょう。

ノーリッチテリアってどんな犬?まとめ

ノーリッチテリアは、小さいながらちょこちょこと活発に動き回り、明るく芸達者な犬です。楽しく家族を盛り上げてくれるけれど、落ち着いていて欲しいときはちゃんと大人しくしていられる賢さがあります。ノーリッチテリアが来たら、お家が明るくなった!と想像以上の楽しさにすっかり夢中になってしまう飼い主さんもたくさん。ちょっぴり短足でずんぐりした体型と、愛嬌のあるお顔、独特の可愛らしさがあるノーリッチテリアファンはこれから増えてくるかもしれませんね。

このページを読んだ人に関連する人気記事

うたパパ
犬の飼い主が抱える悩みは様々です。
特に、犬の涙やけや食糞でお困りの飼い主さんの話は良く耳にします。
解決の糸口として参考になりましたら幸いです。

愛犬の涙やけでお悩みの飼い主さんへ

愛犬の食糞がなおらず苦労している飼い主さんへ

犬のアレルギー皮膚炎でお困りの飼い主さんへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です