ビションフリーゼの性格・しつけ・価格とは?トリミングの頻度は?

ABOUTこの記事をかいた人

犬の教科書をつくろう編集部くわのり&(編集:うたパパ)

犬と猫とスキーが大好き。 ドッグトレーナー資格を持ち、 「犬の教科書をつくろう」の編集部員として執筆中!

ビションフリーゼの概要・歴史

ビションフリーゼはフランス原産の犬種です。ルネッサンスの時代にイタリアからフランスに持ち込まれ、貴族や王家の人々に愛されました。たくさんの著名な画家が有名人の肖像画に付き添うビションフリーゼの姿を描いています。二度の大戦後に一度姿を消しかけましたが、ブリーダーの情熱で個体数が増やされました。

ビションフリーゼの性格

ビションフリーゼの性格
ビションフリーゼは真のコンパニオンドッグと呼ぶにふさわしい性格です。どこへ出しても問題なくふるまえる社交性、順応性があり、知らない人や犬とも仲良くできますが、主人にもとてもよく懐きます。ぬいぐるみのような見た目とは裏腹に活発で陽気、運動好きで元気に走り回ります。賢いのでトレーニングもしやすい犬種です。

ビションフリーゼの種類(色やタイプ)

ビションフリーゼの被毛は純白です。生後1年頃まではわずかにベージュ(シャンパン)の傾向があってもよいが、この色合いが犬の10%以下でなくてはならない、とスタンダードでは決められています。

ビションフリーゼの値段・価格相場

ビションフリーゼの価格
ビションフリーゼの価格は、15万円~30万円くらいです。チャンピオン犬の子どもは高価になりますが、ビションフリーゼの場合、より丸い顔だったり、より純白に近い被毛の子犬が特に高値になる傾向があります。

ビションフリーゼのしつけのしやすさ

ビションフリーゼのしつけ
ビションフリーゼは賢くトレーニングしやすい犬種です。社会性も高く、頭もよいのですが、好奇心も強いので活発で落ち着かない犬になってしまうことも。もとの社会性の高さを生かしてあげられるよう、子犬の頃から社会化やしつけをしたうえで、活発さを持て余さないように十分な運動時間を作ってあげましょう。

ビションフリーゼの寿命

ビションフリーゼの寿命は、12歳~15歳くらいです。他の小型犬と比較すると長生きの傾向ですね。重大な遺伝的疾患が比較的少ない犬種といわれています。

ビションフリーゼの飼いやすさ

ビションフリーゼはコンパニオンドッグとして優れていて、サイズ的にも性格的にも飼いやすい犬種といえるでしょう。ただ、特徴でもある真っ白な被毛を美しく保つためのお手入れはあまり簡単とはいえませんので、それなりの覚悟が必要です。

ビションフリーゼのブラッシングや抜け毛などの処理

ビションフリーゼの被毛は縮れていて、抜け毛はあまりありません。体臭も少ないといわれています。ただ、被毛は放っておくとすぐに絡んで毛玉になってしまいます。皮膚が弱いので、清潔に保つためにも毎日のブラッシングは必要です。お顔も涙やフードなどで汚れて着色しやすい部分ですので、毎日綺麗に拭いてあげましょう。

ビションフリーゼの散歩

ビションフリーゼの散歩
ビションフリーゼはフワフワのお人形のようですが、フワフワの毛の下は結構筋肉質でがっしりとしています。走り回るのが大好きで、活発な犬なのです。30分くらいのお散歩を1日2回行ってあげましょう。

ビションフリーゼのトリミング

ビションフリーゼ トリミング
ビションフリーゼを純白の美しい姿に保つには、飼い主さんの毎日のお手入れはもちろんですが、1~2か月ごとにトリミングしなくてはなりません。耳がどこにあるのかわからないほど真ん丸なお顔はとても可愛らしいですが、すぐに毛が伸びてしまいますので、こまめにトリミングしてあげましょう。

ビションフリーゼの室内で飼うにあたって気になること

ビションフリーゼは抜け毛や体臭が少なく、室内で飼育しやすい犬種です。お家の中でエネルギッシュに走り回ってしまうかもしれませんが、膝蓋骨の脱臼をしやすいので、フローリングの床にはラグを敷くなど、滑り止め対策をしてあげましょう。

ビションフリーゼの子犬の時の大きさや体重

ビションフリーゼの子犬のサイズは、生後1か月で1kg位、生後3か月で3kg位、生後6か月で5kg位まで成長し、その後成長は緩やかになります。成長の過程で、比較的個体差の大きい犬種のようですね。

ビションフリーゼの成犬の時の大きさや体重

ビションフリーゼの成犬のサイズは、体高が24~29cm、体重は3~6kgです。フワフワの被毛で分かり辛いですが、結構個体差の大きい犬種です。

ビションフリーゼの吠え声の大きさなど

ビションフリーゼは無駄吠えは少ない犬種です。ただ、人懐っこい分寂しがりやでもありますので、お留守番の後飼い主さんが帰宅したときなど、興奮して吠えてしまうことはあるようです。

ビションフリーゼの餌について

ビションフリーゼのドッグフード
ビションフリーゼの特徴でもある純白の被毛は、涙焼けしてしまうととても目立ちます。涙焼け対策は、専用のクリーナーなどもありますが、フードが原因のことも多いです。また、肥満から膝蓋骨脱臼を発症してしまうこともありますので、色々なフードを試して、個々に合ったものを選んであげたいですね。

犬の涙やけに関しては、下記の飼い主さんのアンケート記事が参考になります。

ビションフリーゼのかかりやすい病気

ビションフリーゼのかかりやすい病気は、毛玉などで皮膚が蒸れて発症する急性湿潤性湿疹、肥満から発症する膝蓋骨脱臼、耳の中に生える毛が多いことから外耳炎、などです。日ごろのケアで予防できることが多い病気ですので、こまめにチェックしてあげましょう。

以下の吉川獣医師の記事にて、犬の皮膚病の種類と症状がまとめられています。

ビションフリーゼってどんな犬?まとめ

ビションフリーゼ英語
ビションフリーゼは、ぬいぐるみのようなルックスで人によくなつき、それでいて活発で丈夫、初心者にも飼いやすい犬種かもしれません。遊びや散歩を一緒に楽しめる可愛いパートナーです。ただし、真っ白なフワフワを保つにはそれなりのケアが必要なことをお忘れなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です