バセットハウンドってどんな犬?性格やしつけ、注意する病気とは?価格相場は?

ABOUTこの記事をかいた人

犬の教科書をつくろう編集部くわのり&(編集:うたパパ)

犬と猫とスキーが大好き。 ドッグトレーナー資格を持ち、 「犬の教科書をつくろう」の編集部員として執筆中!
うたパパ
バセットハウンドってどんな犬?

誕生はフランスですが、イギリスやアメリカで人気のバセットハウンド。
この垂れた耳は、匂いを抑える働きもあるんだそうです。

ビーグルをコロンと丸くして短足にしたようなバセットハウンドですが、
元はもう少し足も長く、優秀な狩猟犬だったんですって!

ペットとして飼われる様になった今では、すっかりコロンとした体型のイメージですね。
今回はそんなバセットハウンドについて詳しく見て行きましょう。

バセットハウンドの概要・歴史

バセットハウンドは、フランスで赤鹿狩りに使われていた猟犬の中から、肢の短い犬を選んで繁殖させて作出されました。1866年にイギリスに渡ると、バセットハウンドクラブが設立され、人気が高まりました。この頃、猟犬の中の猟犬と呼ばれるブラッドハウンドの血が加えられ、たるんだ皮膚の、現在のバセットハウンドに近い姿に変わりました。

バセットハウンドの性格

バセットハウンドは猟犬の出身ですが、猟犬には珍しく、のんきでマイペースな性格の犬種です。賢く、飼い主に忠実で、家庭内の子供や他の犬とも仲良くできます。普段は温厚で落ち着きがあり、物静かですが、マイペースなだけあって、自立心旺盛で頑固な面もあるようです。

バセットハウンドの種類(色やタイプ)

バセットハウンドのカラーは、ブラック&ホワイト&タンのトライカラーか、レモン&ホワイトのバイカラーが一般的です。スタンダード(犬種基準)では、ハウンドカラーなら何色でも許容されています。

バセットハウンドの値段・価格相場

バセットハウンドの子犬は、20万円前後で販売されることが多いようです。あまりペットショップでみられない犬種ですので、ブリーダーから購入するケースが多く、骨格がしっかりした、耳の大きな子犬が好まれるようです。

バセットハウンドのしつけのしやすさ

バセットハウンドは、賢い犬種なのですが、とにかくマイペース。時に自分勝手な行動で飼い主を困らせるかもしれません。独立心旺盛で頑固な性格なので、トレーニングには根気が必要です。

バセットハウンドの寿命

バセットハウンドの平均的な寿命は、10歳~12歳くらいです。中型犬の中では、少しだけ短い傾向があるようです。

バセットハウンドの飼いやすさ

バセットハウンドは、猟犬タイプの犬ですが、それほど活発でなく、多くのお散歩も必要とせず、のんびりした性格はペットとして飼いやすい部分もありますが、頑固な性格でしつけが困難なことや、独特の体型は健康上注意を要することなど、初心者向きではない面もある犬種です。

バセットハウンドのブラッシングや抜け毛などの処理

バセットハウンドは、シングルコートの短毛なのでブラッシングは週に数回でもよいでしょう。お散歩のあとの身体や、目やにや涙、よだれなどで汚れやすい顔周りなど、日常的にきれいに拭いてあげるようにします。

バセットハウンドの散歩

バセットハウンドは、それほど多くの運動量は必要ないので、30分程度の散歩を1日2回ほどでよいでしょう。においをかぐ習性や、小動物などを追いかける習性が強いため、散歩中に暴走させないようにコントロールできるようにしておきましょう。拾い食いにも要注意です。地面に耳が擦らないようにスヌードで覆っておくのもよいでしょう。

バセットハウンドの室内で飼うにあたって気になること

バセットハウンドは胴長短足の体型で、関節や骨に負担がかかりがちです。床は滑りにくく、クッション性に優れたものが望ましいでしょう。段差から飛び降りたりする動作も避けられるようにしましょう。暑さは苦手なので、温度管理には注意が必要です。鋭い嗅覚は食べ物を見つけ出すのもお手のもの、人間の食品の保管場所にも気を使いたいところです。小動物は追いかけてしまう習性がありますので、ウサギ等との同居は避けた方がよいかもしれません。

バセットハウンドの子犬の時の大きさや体重

バセットハウンドの子犬は、生後2か月で6kgくらいまで成長します。成長する勢いはとても早く、大型犬並みだともいわれています。

バセットハウンドの成犬の時の大きさや体重

バセットハウンドの成犬の大きさは、体高33~38cm、体重18~27kgです。肥満しやすいため体重管理は必須ですが、骨格によって適正体重も変わるため、数字だけでは判断しづらい面もあります。

バセットハウンドの吠え声の大きさなど

バセットハウンドは、吠え声の大きさも犬種の特徴とされるほど、大きくよく響く吠え声をしています。子犬の頃からしっかりと根気よく、吠えないようにしつけておく必要があります。

バセットハウンドの餌について

バセットハウンドは、肥満しやすい犬種です。胴長短足の体型は肥満すると関節にも悪影響ですので、適正体重をキープするようにしましょう。嗅覚がとても鋭いので、フードやおやつ、人間の食べ物の管理には注意しましょう。耳を覆ってカバーするスヌードは、フードを食べるときにも有効です。

バセットハウンドのかかりやすい病気

バセットハウンドに多くみられる病気には、肥満、椎間板ヘルニア、股関節形成不全、外耳炎などがあります。肥満は椎間板ヘルニアや股関節形成不全にもよくありません。大きな垂れ耳は、定期的にイヤクリーナーで掃除して清潔に保ってあげましょう。

バセットハウンドってどんな犬?まとめ

バセットハウンドは、ユーモラスな表情が魅力的で、靴屋さんのキャラクターになったり、映画やアニメに登場したりと、世界中で愛されています。見た目通りののんびりしたマイペースな性格に癒されている飼い主さんも多いのでしょう。しつけや健康管理には少し気を使いますので、犬に費やす時間に恵まれた人に向いている犬種です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です